物を載せる分野のメリット

物を載せる分野にはどんな仕事があるの?

一口に「物を載せるドライバー」と言っても実は載せる物にはたくさんの種類や分野があります。センターからコンビニにお弁当やパンを配送する仕事、拠点から宅配便を配達する仕事、産地から野菜や肉を運ぶ仕事、支店の多い銀行や証券会社を回って社内郵便物を運ぶ仕事、そしてその日その日で依頼のあった工事現場などに出向いて産業廃棄物を載せて処理場に運ぶ仕事など、扱う物も様々です。また走る距離やルート、地域も仕事内容によって大きく変わってきます。自分の生活スタイルや性格にあった分野からいろいろと選べるのがドライバーの仕事の魅力とも言えます。ここではそういった「物を載せる分野のドライバーのメリット」についてお話ししていきます。

自分にあった仕事が選べる!

ドライバーの仕事をしてみたいけど重い物を運ぶのは嫌だな、という方も多いと思います。そんな方には工事現場で出る大きな廃材やゴミをコンテナで運ぶ産業廃棄物収集運搬車や、土砂や砂利などを運ぶ土砂運搬車の仕事があります。これらの多くはリフトやショベルカーを操作して車に運搬物を積み込むので、重い物を持って走り回ったり運ぶ必要がありません。車に乗りっぱなしは疲れるから動きながら配達したい、という方には宅配便のドライバーが向いているでしょう。決められた地域の中で配達して回るので、運転だけではなく適度に体を動かしながら仕事する事が出来ます。「自分は方向音痴だからドライバーが出来るか不安」そんな方には毎日決められたルートで配送するコンビニの配送や高速道路を使って産地と市場を繋ぐ仕事などがあります。一度ルートを覚えてしまえば道に迷う心配もありません。自分の性格や体力、希望の働き方に合わせて選べるのが魅力です。

愛知のドライバーの転職は、トラックの運転経験が豊富な人が有利になりやすく、取得している免許や実務経験によっては定年まで高収入を稼げます。