物を載せる分野のデメリット

荷物が多い時期や土日祝日は拘束時間が長くなりやすい

トラック運転手をはじめとする物を乗せる分野のドライバーの仕事は、中高年者も採用されやすいことや、免許があればすぐに働けるという魅力があるものの、労働時間が長くなりやすいというデメリットもあります。特に、年末年始や年度末など荷物が多くなる時期や、高速道路が混雑しやすい土日祝日は、思うように休憩を取れなかったり、道路上で何時間も拘束されたりするケースがよく見られます。 そのため、ワークライフバランスを意識してドライバーの仕事をしたい人は、営業エリアやドライバーの在籍数、営業時間などを考慮しながら職場選びをするのがおすすめです。また、フルタイムで働くことを必ずしも希望しない人は、労働時間が短い契約社員やアルバイトのドライバーの求人まで視野を広げるという方法もあります。

一部の大手を除き長く働いても給料が上がりにくい

運送会社や物流会社のトラックドライバーは、通販需要の高まりなどの影響で解雇のリスクは少ないものの、一部の大手を除いて長く同じ会社に勤めても給料が上がらないことに悩んでいる人が多くいます。そうした中、ドライバーとして高収入を得るには、経験を積んでから待遇の条件が良い大手に転職をしたり、自分で会社を立ち上げたりするなど工夫が必要となります。ドライバーの人材確保に努めている会社では、正社員や契約社員を対象とした定期昇給の制度を設けたり、ベテランドライバーへの手当を支給したりしているところもあります。 そこで、採用されてから後悔しないためにも、求職活動中に色々な運送会社や物流会社のドライバー求人に目を通すのはもちろん、将来の給料のモデルケースを確認しておくと良いでしょう。

愛知の運転手の求人は、タクシーや大型トラック、フォークリフトなど職場によって就職の際に必要な免許が異なります。