人を乗せる分野のデメリット

慣れないうちは客の対応のためにストレスが溜まることもある

タクシーやバスなど人を乗せる分野の運転手の仕事は、日々様々な客と対応する場面があり、仕事に慣れるまでは人間関係によるストレスが溜まってしまうという問題点があります。特に、普段から人付き合いが得意でない人や、対人コミュニケーションのスキルが乏しい人は、就職をしてすぐに離職を考えたり、心身のバランスが崩れたりするリスクもあるため注意が必要です。そうした中、人を乗せる運転手の仕事を長く続けるには、接遇マナーやコミュニケーションに関する研修がしっかりと行われていることや、先輩の運転士に直接指導を受けられるところを就職先に選ぶのがおすすめです。また、休日にストレスや疲れを解消して運転に集中できるように心がけることも大事です。

大型二種免許の取得のために長い時間が掛かることも

路線バスや高速バスの運転手の仕事に就くためには、仕事上で運転するバスの種類によりますが、大型二種免許の取得を求められることが多く、実際に業務ができるまでに時間が掛かってしまうこともあります。特に、普通免許しか取得していない人や、元から運転があまり得意でない人は、教習期間が長くなったり試験になかなか受からなかったりするケースもよく見られます。こうした問題に対処するには、免許取得まで手厚いサポートをしてくれるバス会社を就職先の候補に入れると良いでしょう。若手のバス運転手の養成に力を注いでいる会社の中には、教習中の手当を支給したり、免許取得までの費用を全額負担したりしているところもあるため、じっくりと各社の対応を調べてみましょう。

運送業界では、長距離、近距離の運転手が人手不足の傾向にあります。愛知の運転手の募集も活発です。会社によっては、大型免許がなく、普通免許だけで応募可能なところもあります。