人を乗せる分野の選ぶポイント

人を乗せるドライバーの仕事とは?

人を乗せるドライバーの仕事ではタクシーやハイヤー、バスのドライバーがもっともポピュラーでしょう。飲酒の機会が増える季節に活躍する、自動車運転代行業などの送迎ドライバーも人を乗せるドライバーの仕事です。誰でも一度は、乗客としてドライバーに命を預けたことがあるはずです。つまり人を乗せるドライバーは、それだけ大きな責任が伴います。民間の救急車のドライバーなら、なおさらです。

一口に人を乗せるドライバーの仕事といっても、必要な運転免許は異なります。タクシーやハイヤーの運転をするには、普通第二種免許が必要です。自動車運転代行業などの、送迎ドライバーも同様です。
民間救急車は、通常の救急車とは仕事の内容が異なります。緊急性のない患者を病院へ送迎したりする仕事なので、免許はタクシードライバーなどと同じ第二種免許です。バスのドライバーになるには、大型第二種免許が必要です。

人を乗せるドライバーの仕事を選ぶポイントは?

前述の通り、まずは保有している運転免許の種類が問題となります。現在の免許でできる仕事を選ぶのか、仕事のために新たな免許を取得するのかです。自家用バスや自家用自動車を利用する送迎の場合は、通常の第一種運転免許だけで働けます。しかし働き方によって仕事時間が異なるので、深夜に働く場合もあります。自分の車を利用して働く場合は、車を所有していないと働けません。
第二種免許は、第一種免許よりも取得が難しくなります。学科試験には旅客自動車に関する問題が含まれ、実技試験の合格点も高く設定され厳しく採点されます。
どんな種類のドライバーにも、長時間集中力を保てるだけの体力が必要です。人を乗せるドライバーには、特に高い運転技術も求められます。

愛知の運転手の転職の中で特に求人情報が豊富なのが観光バスの運転手で、引く手あまたなので資格のある人は是非応募しましょう。